地球に優しい活動中

安孫子 雅浩

8月になりました

本来であれば、オリンピックに夏祭りに高校野球にと、連日興奮覚めやらぬ日々のはずが、新型コロナにすべて奪われ内向きな日々を強いられる8月。
仙台市内では残念なことに、高齢者施設のクラスターが発生しました。(市内4例目となるクラスター)
仙台市議会では、国から配分された予算によるコロナ対策補正予算を審議する臨時会を開き閉会日は3日。私は会派を代表して質疑に立ちましたが、国の配分金の半分しか補正予算に計上しない議案への疑義があり。また介護施設への予防策と介護崩壊についても質したところでした。
一向に出口の見えない不安の中に、私たちの日常があります。感染の予防とともに、コロナと共生していく、これからを覚悟していくことになる8月。起床後の歯磨き励行もお薦めします。
上の画像は、地下鉄荒井駅屋上のラベンダーです。

最近の活動から


  • 青葉区吉成に特養ホーム青葉ふるさと村が開所します

  • 市議会予算委員会にて会派総括質問に立ちました

  • 私もベガルタボランティア17シーズン目になります

  • 仙台市国際センターで全国救急隊員シンポジウム開催

  • HISタイ訪日推進企画推進チームからヒアリング調査